top of page

 ブログ 

検索

 会社の植え込みにある4種類の紫陽花。いろんな人からいただいた紫陽花の枝を挿し木して3年目の夏。みんな一斉に咲いてくれた。葉の間から、最初に小さい花らしいものができたのが、5月25日とカレンダーに書いてあるので、それから大体1か月少しで満開に近づいた。

 ちょうどそのころから、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」全8巻を読み始めた。そして昨夜、残念ながら、竜馬は刺客に暗殺され、長い物語が突然終わった。作者の司馬遼太郎は暗殺は交通事故みたいものだ、つまり、暗殺者は政治的痴呆者のことで、それを詳しく書いても竜馬とは何の縁もないと簡単な表現でかたずけている。それが、かえってショックの大きさを感ずる。読者の私も突然に竜馬を失ったショックは、昨夜の梅雨の豪雨の音とともに心に刻まれている。大変残念だ。そして、季節は梅雨の本番となってきた。

 日本気象協会の今年の梅雨の予報の抜粋は次のようだ。「毎年、梅雨末期は大雨に見舞われますが、今年も大雨に警戒が必要です。今一度ハザードマップの確認をするなど大雨への備えをしておくと良いでしょう。また、夏に発生が予想されるエルニーニョ現象の影響で、盛夏に「梅雨の戻り」のような天気となる可能性も考えられます。梅雨明け後も、局地的な大雨には注意が必要です」という。私もそう思う。

 最近の天気予報に線状降水帯という言葉がよく出てくる。あっという間に洪水となる、怖い現象である。この線状降水帯は局地的で、いつどこで起きるか、予報が難しいらしい。線状降水帯には正しく恐れ、ハザードマップを参考にして、家族や地域でしっかりと対策を講じたいと思う。最後に梅雨のニュースで気になるのは、テレビ中継の現場でヘルメットをかぶったキャスターが、まるで雨にはしゃいでいるかのような態度は不快だ。

 

 

 

 

 

 

閲覧数:10回0件のコメント

 今年は梅の収穫が悪く、また品質も良くないという。和歌山県では暖冬で梅の開花が早まり、雌しべが短くなるなどしたため、受粉がうまくいかなかったことが原因らしい。さらに、3月に降ったひょうによって、梅の実が傷つく被害も相次ぎ、品質の低下も懸念される。和歌山県だけでなく、全国的にも例年の半分量ほどの収穫という。

 一方、さくらんぼも収穫が悪いようだ。不作の理由の一つは、春先の気温が高く発育は進んだが、4月中~下旬の降霜で、雌しべが凍って枯死したことが原因という。「最近は山形は暑すぎて、サクランボが作りにくくなっている」と生産者は言っている。いずれにしろ、梅とさくらんぼの不作には地球の温暖化の影響が指摘されている。すでに深刻な状況だが、せめてこの現象は今年だけであってほしい。

 例年、農協の売り場は今頃は梅の実でいっぱい、甘酸っぱい香りがするのだか、今年は南高梅が10袋ほど並んでいる程度だ。その代わりラッキョウが目立つ。よく見ると「土のついた1年もの」や「土のついた3年めを迎えるもの」「1年ものをきれいに洗ってあるもの」がある。迷わずに、徳島県鳴門市の農家の人がきれいに洗って、皮をむいてくれたラッキョウを購入した。ここまではプロにお任せ。

 これからが素人の努力の見せどころ。奮発して、ちょっとだけ高い酢と砂糖と塩を購入。さらに100円ショップでビンを2個ゲット。レシピを見ながら、小一時間で、甘酢漬けと塩漬けの完成である。1週間ほどで食べられるようだ。おいしくなればいいのに。地球の温暖化の影響は待ったなしなのか。自然の恵みを大切にしたい。

閲覧数:18回0件のコメント

 金沢市の富樫地区にあるバラ園、今が満開。いろいろな色や形、そして香りが楽しめる。小さな公園だが、いたるところバラだらけで素晴らしいし、バラのネーミングもまた面白い。ミチコとかマサコとか、高貴な雰囲気がある一方で、するどいトゲもあるので要注意だ。

 ちょうど2週間前に会社のアジサイに花芽がついた。今朝はその花芽が膨らんで花びらの一部があふれ出ている。今年は冬に石灰をまき、土壌改良したので、花の色はピンクのつもりだったが、残念ながら、昨年同様の白色に少し青みが混じった色のようだ。しかし何はともあれ、今年も咲いてくれてありがとう。

 今年は大地震で年が明けた。私の住む金沢は震度5ですごく揺れた。その後、携帯のアラームとともに震度3級の地震が何回も襲ってきて、恐怖で震えた。能登地区はもっとすごかった。能登の里山里海自動車道が何か所も大規模な土砂崩れとなっている。能登半島の広い範囲で大地が激しく大きく動いたのだと思う。

 今年の春早く、被災した能登の穴水町の人からワラビをもらった。穴水のワラビは太くて柔らかくて有名で、今年のワラビもすごくおいしかった。大地はワラビやバラ、アジサイを育ててくれる。人間は大地から恩恵に受け、その上で生きている。大地は時々人間の思うようにはならないが、その大地を大切にし、感謝しなければいけないと改めて感じた。

 

閲覧数:17回0件のコメント
bottom of page