top of page
検索

ゴジラ岩出没


 男鹿半島の北端の入道崎には灯台があり、広い駐車場、たくさんのお土産店、広大な広場がある。一方、南端の岬のここ塩瀬崎は2-3台ほど止められる駐車スポットしかない。しかし、面白い格好の岩がたくさんある。代表的なのはこのゴジラ岩。夕焼けの太陽を口の中にくわえて、火を噴くゴジラの写真は撮れなかったが、青い空をバックにきれいに撮影。

 ゴジラ岩の他に帆掛け島、双子岩などいろいろと面白い形の岩や地層がある。3000万年前の火山の噴火によってできた岩石が波や雨風の浸食でこのような形になったという。すぐ近くのグリーンタフの海岸とはまた趣の違う、大きな岩が落っこちてきそうな少し怖い海岸である。

 「ゴジラ」といえば、星稜高校、巨人、そしてヤンキースと活躍のゴジラ松井を私は思い出すが、ちょうど甲子園での高校野球が佳境に入ってきた。今年は東北や北海道勢がすごく強いと思う。今年の春、ワールドベースボールクラシックで優勝したが、日本の野球のレベルは格段に底上げされたと感ずるし、また、あらゆるスポーツのレベルも上がってきたように思う。

 先日はワールドカップの女子サッカーも大活躍、すごく楽しませてくれた。さらにワールドカップのラグビーやバスケットボールの開催が間近かに迫っているという。それぞれが大活躍し、話題豊富な楽しい秋になればいい。

 

 

 

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page