top of page
検索

室戸岬のしましま地層

更新日:2023年2月8日


 金沢からは雪と信号故障などで、なんと電車が3時間余り遅れ、深夜に高知に到着。それにめげずに、翌日朝から室戸岬を目指す。娘が嫁いで高知市内で生活していて、時々高知市内までは行くが、室戸岬は初めて。道路はかなり整備されているが、まだ高速道路は完全にはつながっていない。約2時間のドライブ。ちょっと天気は曇りで残念だか、快適に到着。 

 まずジオパークを見学した後は、海岸の遊歩道で地層の見学。実際にこの目で見られ、この手で触れる。室戸岬の先端にある「中岡慎太郎の像」の前を通って遊歩道に入る。そこから右に歩いて1分ほどですぐに、上の写真のカメのような岩。いろいろな本でよく紹介されている岩、タービダイト層が鎮座している。砂岩と泥岩のしましまな地層。幾万年の年月を経た地層と今巡り合えたことにロマンを感ずる。

 その下の写真はもう少し海岸沿いを歩いたところにある地層。地層がまるでロールケーキみたいになっている。すごく貴重なように思って夢中で撮影。こんな近くでこんな地層がみられるのは本当に素晴らしい。

 室戸岬は地層だけでなく、市内の食事処で金目どんぶりを食べた。それも素晴らしかった。さらに道の駅のキラメッセ室戸も素晴らしい。ミカンなどの果物、金目鯛などの魚、それに豊富なお弁当や寿司、揚げたてのさつま揚げ、いろいろなもの、すべてが充実。室戸のおばちゃん衆がすごく頑張っていると感じた。太平洋の荒海に洗われて、地層はぐにゃぐにゃになっているが、人の心は真っすぐだねと感じた。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page