top of page
検索

御朱印帳がいっぱいになった


 今回の伊豆旅行で3か所の神社をお参りしたが、どこも素晴らしかった。まず、三島市の三島大社。境内が広い公園になっていて、池もありゆっくりと散策できる。また門前町があり、バラエティに富んでおもしろい。スケールの大きさに驚いた。さすが、伊豆の国の一の宮神社と感心。

 次に行ったのは、下田市の白濱神社。神社のすぐ裏にある海岸の岩にも鳥居がある。静寂で神聖さを感ずる場所と海の明るさと怒涛の怖さを感ずる場所と2つの面を持っている。特に、海岸でのお参りはすごい。強い波が来るたびにおなかの底に響く、波の音とその振動は、地球の鼓動。生きる喜びと命の大切さを伝えているように思った。

 そして、熱海の來宮神社。熱海の街全体が人であふれかえっているが、この神社も人気のスポット。近代的な施設があり、楽しめる工夫をいろいろとしている。そして、何といっても樹齢2000年超えのご神木の「大楠」。写真の木。たくさんの人がパワーをもらおうと触れる。私もご利益に預かりたいので、触れてきた。この悠久のご神木には新型コロナウイルスなんて関係ない。

 5年ほど前に買った御朱印帳。ちょうど、來宮神社でいっぱいになった。一番最初は長野の善光寺、それから、いろいろとお参りした証拠の御朱印が記されている。これは旅の思い出。振り返って思い出せば、きっとまたそのパワーが蘇ってくるはず。次回は新しい御朱印帳を購入することとなるが、どこの神社だろうか楽しみだ。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page