top of page
検索

旅の始まりは尾道

更新日:2023年12月21日



 尾道の千光寺公園から尾道大橋方面を見下ろした風景。左側が尾道市内、右側が向島。造船所のクレーンや船がゆっくりと動いている。千光寺公園のロープウエー乗り場の上に高い見晴らし台があり、瀬戸内海と島々が折り重なるように見える。こんな風景は石川県では見られない。

 ジオラマの光景の中から山陽線の黄色い電車が尾道大橋をくぐり抜けて、くねりと回りながらこちらへ向かう。日差しを浴びて光った電車の顔が見えた。私はぼっーと見ていた風景から、はっと目が覚めた。私はこれから、この大橋を越えて、しまなみ海道を通って、村上水軍や松山市を訪ねる旅を始める。

 その前に2っやらなければいけないことがある。一つは目の前の俳句ポスト。たぶん、この光景を俳句で詠めということだろう。応募用紙や鉛筆まである。せっかくだから、投句をしたい。そこで先ほどから無理やり俳句を絞りだしているところ。そして電車とともに俳句が出てきた。「橋くぐり 電車あらわる 小春かな」とポストに。小春は秋の季語、今は冬だけど、これしか頭に浮かばない。そのうちに尾道市からよい知らせがあればいいのに。

 二つ目は市内で尾道ラーメンを食べること。検索して1軒選んだ。早速、車で向かう。到着は昼少し前、待つことなく、スムーズに入店。尾道ラーメンと餃子、注文。ラーメンの汁の色は濃いが味はあっさりして、おいしい。餃子は少し小ぶり、サクサクと食べやすい。餃子をラーメンの汁に入れると、味が変わってまた、うまい。食べるのに夢中で写真を取り忘れたのが残念。やるべきことをやったので、さぁ「しまなみ海道」へ出発だ。




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page