top of page
検索

横川SAの妙義山と峠の釜めし


 妙義山を見たくて、軽井沢経由で碓井峠を越えているところ。碓井峠では、急に周りの風景が変わる。ごつごつした面白い形の岩みたいな山がいっぱい出てくる。「すごーい」でも道路はカーブが多いので運転手は風景を見る暇はない。横川SAでやっと風景をゆっくり見ることができる。

 SA内のスタバからコーヒーを飲みながら、妙義山をじっーと見ていると、どうして神様はこんな変わった形にしたのかなぁとつくづく感心する。同じような山で、長野県の戸隠山を思い出す。いずれの山も岩場がすごくて急峻。私はまったく登る気はしないが、見るには、本当に素晴らしい山である。

 また、同じSA内に昔の横川駅とディーゼル機関車の実物大の模型があり、数十年前の横川駅みたいに「峠の釜めし」を買うことができる。子供の頃、峠の釜めしを食べた後の釜を使って、家で鍋焼きうどんを作った。でも、2-3回で割れてしまって、残念であったことを思い出す。

 この後、妙義神社をお参りをしてから、下仁田でクリッペや中央構造線などの地層を見るつもり。そこで、峠の釜めしを車に積んで出発することにした。レッツゴー。

 

 

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page