検索

自然のプールが名選手を生む?


 輪島市の市街地から少し離れたところに「鴨の浦」があります。海にせり出した輪島岬の突端。断層面が海の浸食作用で削られて、並々の地形になっています。貝やカニなどの小動物もいますし、ダイナミックな日本海の荒波も感じることができます。

 ここに「鴨の浦塩水プール」があります。日本海の海水を自然のまま取り込み、そして排出もしています。水は自然の海水。自然をうまく利用したプールで、岩礁をくり抜き25mx13mで、周囲をコンクリートで整備したものです。いつでも泳げます。昭和10年にできたものです。

 「山中毅」という水泳自由形の選手がいました。輪島市出身でメルボルンやローマオリンピックで活躍し、銀メダルを4個も取った名選手です。私の父は「彼はこのプールで泳いで強くなった」と言っていました。

 真贋のほどは分かりませんが、こんな素晴らしいプールが付近の皆さんの水泳のレベルを上げ、そして名選手を生んでいくのかもしれません。プールに敬礼。でも、プールを写すのを忘れました。

 

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示