top of page
検索

遠くで汽笛を聞きながら


 もう4年ほど経つと思うが、家から10分くらいの場所で、アリスの金沢公演があった。残念にも気が付くのが遅くて、すでにチケットは完売。しかし、その1週間後に大阪公演があり、そのチケットはあとわずかという。思い切って買った。ちょうどコロナの騒動が始まったばかりで、マスクと手指消毒スプレーをもって、電車に乗って大阪まで出かけた。

 当日、大阪城ホールは超満員。私の席は奥の上の方、最後の最後という感じの場所。オペラグラスでもはっきり顔がわからないほどだが、十分に堪能できた。見に行ってよかったと思った。大体の観客数を数えると1万人ほど、私の席でも入場料1万円だから。入場料収入は1億円以上、さらにグッズ販売もある。70歳代の3人のグループが1晩で1-2億を売り上げる、驚異の力を感じた。恐るべき老人たちである。その中心にいた谷村新司さんの訃報が届いた。

 なんと、訃報が届く前のお昼に「TSUTAYA」でアリスのCDを選んでいた。ドライブ中に聞こうとUSBに録音するためだ。いろいろとレンタル屋さんを回ったけどなかったが、ここにはアリスのCDがたくさんある。さっそく借りてきた。実はこの店を「GEO」と思い込んでいて、レジの人とひと悶着した。でも、新しく「TSUTAYA」の会員券を発行してもらい事なきを得た。きっと手のかかる老人と思っていることだろう。

 夕方、家に帰ってテレビを見たら、訃報が飛び込んできた。このCDはアリスが私に借りるようにと、命じたものかもしれない。思い起こせば、アリスはたくさんの歌で私を勇気づけてくれた。その中でも一番好きなのは「遠くで汽笛・・・」だ。その3題目の歌詞のここが好きである。「自分の言葉に嘘はつくまい 人を裏切るまい」だ。私はそのように生きてきたつもり。そしてそのように生き続けるつもり。ご冥福をお祈りします。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page