検索

金沢おでんは只今「ガラリン」


 5月16日から6月13日まで金沢市はコロナの蔓延防止の地区になっていたので、ほとんどの居酒屋さんは休んでいました。ようやく休業明けしてたくさんのお客が来ているかと思いきや、お客は少ない。休業明けて10日程経った夜のおでん屋さんの風景。

 もともと店内の人数規制もしているのですが、午後7時30分とはとても思えないほど、店内すっきり。いつもは店の外はお客の行列ですが、もちろん行列もありません。ここは繁盛店のおでん屋さんのひとつ。こんなお店の状態はあまり見たことがありません。

 一部の報道では、解除明けの居酒屋はお客でごった返しているかのように報じていますが、金沢の居酒屋はガラガラ。ワクチン接種もそれほど進んでいません、若干感染者数が減り、病床が開いているだけで、危険な状態はまったく変わっていないことをみんな知っているからです。

 今後、観光客が増えてくれば(特に関東方面から観光客が圧倒的に多いと思うが)、また感染者数が増えてくるはず。ますます、なるべく早いワクチン接種が望まれる。

 

 


6回の閲覧0件のコメント