検索
  • tsuchiyarope

鮎を釣る人と食べる人


 鮎釣りが解禁になってしばらく経ちます。朝の川辺には鮎釣り人がいっぱい。最近、金沢はあまり雨が降らないので、川の水量が少なく、鮎の数よりも、ひよっとしたら、釣り人の数の方が多いのではないかと、心配になります。一雨ほしい雰囲気です。

 鮎は釣り方がいろいろあるようで、毛ばりで釣る、おとりで釣る友釣り、そして釣りではなく投網や刺し網で獲ってしまう方法です。今は毛ばりなどの疑似餌で釣る方法が解禁になったと思います。そのうち、いろんな釣り方が解禁になってくる。そうなると、鮎は我々の口にも入るようになるはず。

 当社で昔から投網や刺し網を売っていました。そして刺し網がすごく売れた時期を思い出しました。富山県の庄川地区の荒物屋さんにたくさん網を納品したことや庄川が素晴らしいきれいな川であったことなど、いろいろ思い出します。

 そんな網を販売していた時期のことから、小ぶりの鮎を頭から丸ごと食べたこと、大きな子持ち鮎をほお張ったことも思い出しながら、釣り人を見ています。私は食べる人で、やはり同じく鮎を待っています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示