top of page
検索

2023年金沢市消防出初式

更新日:1月11日


 金沢市消防出初式が8日の日曜日に開催された。こんな天気がいい出初式は記憶にない。日差しが熱い、痛い。通年は日が差すことはあるが、雪か、雨か、曇り。私は昨年、長い間お世話になった消防団を退団したけど、こんなに晴れたのは初めて。今年はいいことありそう。

 こうして気持ちよく写真を撮るのも初めて。午前10時から始まった式典は30分ほどで終わり、お目当ての加賀鳶梯子のぼりと、裸放水へと続く。梯子は今年は合計40本立ったようだ。こんなに多くの梯子の演技を観られるのはすごい。

 続いて、裸放水。49本のホースによる直上の放水。この水を消防団員は直接下で受けるので、息ができなくなったり、猛烈に痛く感ずることもあるほど。自分の分団の水なら我慢もできるが、他の分団の水だったら、腹立たしい。

 全国的に消防団員数は減少をしている。最近は消防設備がよくなり、火災件数は減っているものの、風水害や地震などの災害は多くなっているように思う。社会生活の中で消防団活動は絶対必要なもの。私にとっては、消防団活動はつらい訓練もあったが、たくさんの仲間ができて面白かったし、社会に貢献しているという充実感を持てた。たくさんの方が消防団に入団し、みんなで少しずつ社会を支えてほしい。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page