検索

京都南座

更新日:11月18日


 一度行きたいと思っていた南座に初めて行きました。大竹しのぶさん主演の「女の一生」を観てきました。開演すると撮影禁止なので、開演直前の南座の様子を映しました。華やかですね。

 1階の2列目、しかも花道の外側ですぐ横。首がいなくなるのでは? 大竹さんのスカートの下を覗き込むようになるのでは? といろいろ心配したのですが、杞憂に終わりました。花道は使いませんでしたし、少し横ですが、舞台はよく見えました。しかも迫力抜群。

 休憩を入れての3時間の舞台はあっという間に終わりました。俳優の言葉や演技の一つ一つに迫力や微妙なニュアンスがあり、映画やテレビでは味わえないものを感じました。やはり、実際の舞台をこの目で見ることの大切さを感じました。

 休憩時間に劇場の中で食事ができるのも面白かったし、2階席や3階席には空きがあるようで、南座はそんなに敷居の高いものではなく、いつでも行けそうに思います。初めから無理だろうと思わず、何事も挑戦したいものです。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示