top of page
検索

USBに音楽が入った


  我が愛車、13年も乗った。そろそろ新車に変えることにした。今度はもっと小さい軽自動車にと。納期は少し長いが、急がないが、今年の冬に発注。しかし、世の中、車の生産が間に合わないらしい。約束よりもさらに待たされた。そのうち愛車はとうとうエンジンの警告灯がついたりして、間に合うのかと心配した秋になって、やっと新車が到着。以前は新車なんて、半月も待てば入ってきたように思うが、時代が変わったようだ。

 新車は快適。すこぶる乗りやすい。でも、ラジオの選曲がうまく合ってなく、ザーザーァと聞きづらいので、仕方なく分厚い取扱説明書を読むことにした。操作は難しくなかった。ボタンの長押しで解決。さらに取説を読むうちに、USBで簡単に音楽を聴けるらしい。私はカセットテープ時代の人だが、余ったUSBがあるので、新しい時代にチャレンジすることとした。

 ところで、以前はレコードが音楽文化の中心であった。しかし、音楽の媒体がレコードから、CD、そしていろいろと変化し、現在はパソコンのアプリの一部のように思う。レコードは今や古典的な価値こそあれ、音楽媒体としての価値はない。時代の移り変わりを感ずる。だから、私の頭もそろそろ、カセットからUSBへ変えることとした。

 取説とyoutube を見ながら、USBへの録音の勉強。そして早速実行へ。多少苦労もしたが、CDを借り、中古CDを買い、今はUSBに10人ほどの歌手の音楽アルバムが入っている。通勤で聞いている。やればできるではないか。時代に遅ればせながらでも、ぼちぼちとついていきたいものだ。

 

 

 

 

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page