玉掛けワイヤー、玉掛け索にはあみこみ加工のものとロック加工のものがあります。いろいろな加工をご紹介します。その玉掛けワイヤーの取扱説明や廃棄基準、使用上の注意を説明します。また、ケーブルレイドロープ(ワイヤーロープをより合わせたロープ)の玉掛索をご紹介します。これは太物でもすごく柔らかく、扱いやすいワイヤーロープです。安全な玉掛索のご使用の参考にしてください。お問い合わせの電話は  076-237-5535 

玉掛索 アルミロック止めワイヤーロープ

ワイヤーロープの両端にアルミ管を使用して、ロック止めを施して、両端にアイを作ります。

このアルミ管には通常のロープ径の4倍の長さのものと、さらに長いものがあります。通常のアルミ管でしたら、少しワイヤーのトゲが出てしまうのですが、長いアルミ管使用のものでは出ません。これをスリムロックやテーパーロックやトゲなしロックなどといいます。

玉掛索  あみこみ加工

 

編みこんだままでしたら、トゲが出ますが、とげの部分だけ、小さいロックをして、トゲが出ない加工もできます。これをWスリングといいます。

また、編みこみ方法も巻き差しとかご差しがあります。通常は巻き差しです。下記にその違いを説明します。電話は  076-237-5535

玉掛索 かご差し

玉掛索かご差しです。手で編んだものですが、一本吊りしても荷物が回転して、あみこみが抜けることはありません。ただし、加工費が高いものです。通常のあみこみ加工は次に記載の巻差しです。

玉掛索 巻差し

 一般的な手で編んだ加工方法です。一本で吊ると荷物が回転してしまい、抜けてしまう恐れがあります。必ず2本以上でお使いください。

 



ロック止めワイヤーロープ 片標準アイ 片シンブル入りフック付き



片端は標準のアイで、片端にシンブル入りのロック止めでフックのをつけたものです。金具はご要望のフックを取り付けることができます。

いろいろなワイヤーロープ加工品

スーパーロックフック付きワイヤー

片端は標準のアイで、片端にシンブル入りのロック止めでスーパーロックフックをつけたものです。スーパーロックフックはスイベル入りなどもあります

シンブル入りロック止め

アイの内側にワイヤーすれ防止の金具でありますシンブルを入れるとすれに対する寿命が長くなります。ただし、シンブルの内径が小さいので、接続するシャクルやフックの大きさにご注意ください。


シンブリ入りフック付きロック止

シンブル、フックを入れてロックしたものです。2点吊り、4点吊りワイヤーでは、通常このようにします。フックの穴径の関係がありますので、ワイヤロープの太さにより使用できるフックは限られてきます。

ゴムホース付巻差し

ゴムホースを通して加工したワイヤロープです。あみこみ部分にはゴムホースは入りません。左のフック付きはシンブルが入っていませんが、入れることもできます。また、アイの大きさもいろいろご指定できます。



両端シンブル入りフック付き加工

両端シンブル入りフック付き
両端シンブル入りフック付き

 

 

両端にシンブルを入れて、さらにフックをつけたものです。

Wスリング ビニル被覆付き

Wスリングビニール被覆付き
Wスリングビニール被覆付き

 編みこんでから、小さいロック止めをするのがWスリングです。玉掛索ですし、ヒゲがなくて扱いやすいものです。ただ編みこんでロックなので加工部分の長さは長くなります。ビニール被覆の場合はビニールをはがす部分は長くこのようになります。


片端フック付ロック止め90°ひねり

 

8mmワイヤー片端

FKフック0.5t付き

 

最少長さでのロック止め、さらにアイ部とフックは90°ひねってあります

両端シンブル入りEKNフック付

 

フックはマーテックのEKNスリングフックを使いました。はずれ止めが頑丈です。


その他の加工いろいろ

8の字加工、耳付き無端索
8の字加工、耳付き無端索
ワイヤロープ溶断加工・・・溶かしながら切断
ワイヤロープ溶断加工・・・溶かしながら切断

ケーブルレイドロープ・・・太物でもすごく柔らかいワイヤロープです


 ケーブルレイドロープは芯およびストランド自体がワイヤーロープ構造をしております。そのため、一般のワイヤーロープに比べて、直径の細いワイヤー(素線)がたくさんでより合されています。そのためロープとして非常に柔軟性に優れたものに仕上がります。

 一般的なワイヤーロープ6X24では144本、6X37では222本のワイヤでワイヤーロープができていますが、ケーブルレイドロープでは約1,300本のワイヤでできています。ですから、大変柔かくなります。

 なお、ケーブルレイドロープの端末加工はロック止めまたはかご差し段落としを推奨します。

 

ケーブルレイドスリング安全使用荷重表(ご使用の目安としてください)

 ケーブルレイドスリングの安全使用荷重の目安を下記に掲載します。ロープの在庫の有無や在庫あるものが下記の表と荷重が異なる場合がありますので、この荷重はあくまでも参考としてください。詳しくはお問い合わせください。

単位トン

2本2点つり 2本4点あだ巻きつり
3本3点つり、4本4点つり
12 2.6 2.4 2.3 3.7 3.3  ー 7.97
16 4.6 4.5 4.0 ー  6.6 5.9  ー 14.1
18 5.8 5.7 5.1 8.4 7.5  ー 17.9
22 8.8 8.5 7.6 12.5 11.2  ー 26.8
24 10.6 10.1 9.1 14.9 13.3  ー 32.0
28 14.4 13.8 12.3 20.3 18.1  ー 43.5
32 18.8 18.0 16.1 26.5 23.6  ー 56.7
36 23.8 22.7 20.3 33.5 29.9  ー 71.7
40 29.4 28.0 25.0  ー 41.3 36.8  ー 88.4
44 32.0 30.4 27.2 44.8 40.0  ー 96.0
50 41.4 39.5 35.3 58.2 52.0  ー 124
56 52.4 49.9 44.6 73.5 65.6  ー 157
62 64.4 61.3 54.9 90.4 80.7  ー 193
68 70.0 66.6 59.6 98.2 87.6  ー 210
74 83.0 79.0 70.7 ー  116.4 104.0  ー 249
80 97.4 92.6 82.8 ー  136.4 121.8  ー 292
86 109.2 103.9 92.9 153.1 136.7  ー 328
94 132.0 125.6 112.4 ー  185.1 165.2  ー 396
100 149.8 142.4 127.5  ー 209.9 187.4  ー 449
106 168.8 160.5 143.6  ー 236.5 211.2  ー 506
112 188.6 179.3 160.4  ー 264.2 235.9  ー 566
118 227.6 216.3 193.5  ー 318.7 284.6  ー 683
2本4点半掛けつりの場合の安全荷重:(2本2点つりの場合の安全荷重)×2

ただし、2本4点半掛けつりは荷物の角などの影響を受け、強度低下が起きる可能性がありますので、安全を鑑みて、1ランク太いサイズのワイヤーロープを使用することをお薦めします。

 

 


玉掛けワイヤーの取扱説明、廃棄基準、使用上の注意など

●玉掛けワイヤーの使用荷重、吊り角度、つり本数、吊り方を考慮して、安全率(安全係数)が6以上確保できるように選定してください(これはクレーン等安全規則で定められています)。安全率が不足していると、急激な衝撃荷重や損傷劣化により、破断する恐れがあります。この安全率や吊角度を計算したものが安全荷重表です。こちらです

 

●つり角度はできるだけ60度以内にしてください。つり角度が大きくなると玉掛索に大きな張力がかかり危険です。

つり角度が0度のロープの張力を1とした場合、60度では1.16倍でありますが、そこから急速に増えて、90度では1.42倍となります。大変不安定な状態でありますので、60度以内でなるべく使用してください。

 


●フック部などでロープを小さく曲げると強度が低下します。右の場合、25%から50%強度が低下していると考えられます。


●台付索は玉掛作業に使用しないでください。玉掛作業に使用すれば、抜けたり、強度不足で破断する恐れがあります。

 

●玉掛索は1本つりでは使用しないでください。つり荷が回転して危険ですし、加工部が抜ける恐れがあります。特に巻差しの場合は抜けてしまいますので、危険です。


●玉掛作業は労働安全衛生法に定められた有資格者が行ってください。つり荷の重心の判断やつり方を誤ると、大事故になる恐れがあります。

 

●ロープのねじれや曲がりが発生したら、修正しキンクさせないようにしてください。キンクした場合は強度は50%ぐらいに低下しますので、直ちに取り替えてください。

●ロープは消耗品です。廃棄基準を超えたものは絶対に使用しないでください。強度が低下していて、危険です。


●酸やアルカリの腐食雰囲気や100度Cを超える高温雰囲気では使用しないでください。腐食、熱の影響により、強度が低下し危険です。


●急激な衝撃荷重はかからないようにしてください。

 

 

●玉掛索は鋭い角で曲げないよう、当てものをしてください。

 

 


●圧縮部は60度以内でお使いください。管が割れる場合があります。管部の状態は絶えず気にかけておいてください。変形、摩耗、著しい傷などがあれば、交換してください。


●ワイヤーロープをアルミ合金で圧縮したロック止めワイヤーロープを海中では絶対使用しないでください。ワイヤーとアルミ合金が溶け出して、抜けてしまいます。


●チョークつりをする場合はあまり深絞りをしないでください。ワイヤーロープが変形して強度が低下します。


●圧縮止めの端部には、ワイヤーが出ています。手袋をして作業するなど、気を付けてください。


●玉掛けワイヤーは電気溶接作業時等でスパークさせないでください。組織が変化して強度が著しく低下しています。

 

●玉掛けワイヤーは消耗品です。必ず保守および日常点検、定期点検を実施し、損傷の程度を常に把握してお使いください。


ワイヤロープスリングの点検、廃棄基準

iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

 点検項目

iiiiiiiiiiiiiiiiiii

  日常点検 

iiiiiiiiiiiiiiiiiii

 定期点検

iiiiiiiiiiiiiiiiiii

  点検方法

iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

   廃棄基準

 

1.断線

 

 

 

目視

素線がロープ1よりの間において最外層ストランド中の総素線数の10%以上断線しているもの、またはロープ5より間において20%以上断線しているもの

2.摩耗

計測

摩耗によって直径の減少が公称径の7%を超えるもの。

 

3.腐食

 

 

 

目視

腐食によって、素線表面にピッチングが発生して、あばた状になったもの。内部腐食によって素線が緩んだもの。
4.形くずれ

 〇  

 目視 形くずれによってキンクおよび著しい扁平化、曲がり、かご状などの欠陥が生じたもの。

 

5.電弧または

   熱影響

 

 

 

目視

 

テンパーカラーまたは溶損が認められるもの。

 

6.塗油の状態

 

〇 

目視

 

 

7.アイ部または

圧縮止め部

 

 

 

目視

 

亀裂、変形、ロープのずれ、または著しいキズなどの発生しているもの。

 
 お問い合わせの電話は  076-237-5535

ご注文・お問い合わせは

ご注文・お問い合わせは24時間受け付けております。

 

●メールでのご注文・お問い合わせは年中無休24時間お受けしております。お問い合わせや受注確認は翌営業日となります。 

メールアドレス  tsuchiya@wire-rope.jp

 

●お電話でのご注文・お問い合わせは土曜、日曜、祝日定休で9時より17時までお受けします。

電話番号    076-237-5535

 

●FAXでのご注文・お問い合わせもお受けします。お客様のご自由な様式でお送りください。

FAX番号   076-237-5537

 

〒920-0601  

石川県金沢市問屋町2丁目98番地

株式会社土谷九兵衛商店 

土谷ロープ

 ★運送便について

運送便は通常はクロネコ宅急便の代金引換便を利用したいと思います。お客様のお問い合わせに消費税込・運賃込の価格と出荷日(到着予定日)を申し上げます。

なお、お客様のご都合にはできるだけ対応したいと思います。銀行振込やゆうちょ銀行振込にもお応えしたいと思います。領収書の発行も致します。ご相談ください。


いろいろな商品









創業200年のロープ店の歴史を大切に問題解決にチャレンジします

あなたの吊り具への想いをカタチにします

 

私たちが

皆様の問題解決に頑張ります。

お気軽にご相談ください。

電話でもすぐお応えできます。 

 

電話は  076-237-5535

FAXは 076-237-5537

 メールは tsuchiya@wire-rope.jp


<目次>ワイヤーロープの問題解決

 

   ホーム

   ・会社案内

   ・無料見積りお問い合わせ

   ・事例紹介

   ・よくある質問

   ・フック・リングなどの金具の寸法

   ・スイベルフックについて

   ・凍結防止剤エコフィールド

 

●ワイヤーロープについて

   ・4点吊ワイヤーロープ

   ・2点吊ワイヤーロープ

   ・ステンレス、ビニル被覆ワイヤ

   ・玉掛索

   ・ハイクロスロープ玉掛索

   ・ワイヤーモッコ、シート付き

   ・エンドレスワイヤーロープ

   ・ワイヤロープ安全荷重表

   ・鉄鋼クランプと吊り具

   ・亜鉛めっき鋼より線

 ・メッセンジャーワイヤ

   ・吊り天秤とワイヤ

   ・鋼板水平吊とワイヤ

 

●繊維ロープについて

   ・各種繊維ロープ

   ・繊維ロープの玉掛加工品

   ・ネット、アスレチックネット

   ・公園柵用ロープ

   ・介錯ロープと親綱

   ・法面用親綱と安全帯

   ・ブランコなどアップサイクル品

   ・クレモナロープ

   ・テトロン・ポリエステルロープ

   ・ナイロンロープ

 

●チェーンスリングについて

   ・吊りチェーン加工

   ・敷鉄板吊チェーン

   ・長さ調整機能付きチェーン

   ・両端ワイヤ付きチェーン

 

●スリングベルトについて

   ・スリングベルト

   ・ソフトスリングベルト

 

●シートやバッグについて

   ・難燃シートネット

 

●その他

   ・金沢老舗百年展写真集

   ・金沢片町商店街周辺の引き札

   ・特定商取引法による表記

   ・ブログ

 

お気軽にお問い合わせください。

見積もり無料!! メールはtsuchiya@wire-rope.jp 

電話は 076-237-5535

  

土谷ロープ

(株)土谷九兵衛商店

 

お気軽にお問い合わせを  

メールは

tsuchiya@wire-rope.jp

TEL:  076-237-5535

FAX:  076-237-5537

 

チェーンスリング

ベルトスリング

ワイヤーロープ

繊維ロープ

ブランコなどの遊具
ブランコなどの遊具

その他

920-0061

金沢市問屋町2-98 

〒930-0801

富山市中島 1-4-4


土谷ロープ

(株)土谷九兵衛商店

お気軽にお問い合わせを 

メールは

tsuchiya@wire-rope.jp

TEL:  076-237-5535

FAX:  076-237-5537

 

金沢老舗百年会会員の章

雑貨九兵衛へリンク