クレモナロープ・ビニロンロープ

クレモナロープやビニロンロープとは

クレモナロープ、ビニロンロープとは強度もありますし、耐候性や耐久性、耐薬品性などあらゆる面で優れた性質を持ったロープです。また、しなやかで大変使いやすいロープでもあります。

 一般的にお使いになるとしたら、最もお勧めするロープです。

 細い糸状のものから直径50mmくらいまで、在庫があり、しかも何メートルでも販売可能なロープですので、安心して選定することができます。

 水にぬれると多少硬くなる性格がありますので、新品ロープは通常は柔らか目によったロープをご使用されることをお勧めします。

 クラレのビニロンを「クレモナロープ」として区別されますが、その他の会社のビニロンは一括りに「ビニロンロープ」といわます。「ビニロンロープ」はどこのメーカーのビニロンかは特定できません。ビニロンロープには試験成績表はありません。

 試験成績表が必要であり、また、メーカー名などの素性や切断強度などをはっきりさせたい時は、クレモナロープとご指定下さい。

クレモナロープとは

 倉敷の大原美術館などで有名な(株)クラレのビニロンをクレモナといいます。クレモナ100%のロープをクレモナロープといいます。

 右の画像はクレモナの組紐についている荷札です。金剛打、八打ちについているものです。

クレモナSロープとは

 クレモナSロープはクレモナ60%、ポリエステル40%のロープです。ビニロン100%の場合は水にぬれると多少硬くなるという欠点がありましたが、それの欠点を補うために混紡にしたものです。

 現在一般的に流通している「クレモナロープ」と云われるものは、実際は「クレモナSロープ」であると思います。

 但し、クレモナSロープは混紡ですので、染色には向きません。ムラが出てしまうからです。

紡績糸(スパン糸)とは

 クレモナやビニロンの特徴は紡績糸(スパン糸)という原糸の性格がそのまま出たものと思います。ロープは3本のストランドから通常できていて、そのストランドを解していくと、1本の繊維となり、それを解していくと綿状の繊維となります。これが紡績糸(スパン糸)です。この綿がつぐまれて、束になってロープとなります。だから、このロープの柔らかさが生み出されると思います。

ロープの種類

3っ打ちロープ.jpg

3っ打ちロープ

 3ストランドの普通のロープです。ロープの製造メーカーがわかるような、印の入っているものや、まったく入っていないロープもあります。

 加工もやりやすく扱いやすいロープです。ただし、ロープに撚りがかかります。

 細い糸状のものから60mmあたりまで製作されています。

クロス打ちロープ、エイトロープ.jpg

クロス打ちロープ、エイトロープ

 8本のストランドを2本x4組のストランドとして、組みひも状に編んだものです。クロスロープとかエイトロープと言われています。

 撚りがかからないので、扱いやすくなりますが、加工はできますが、それ程簡単にはできません。

 通常6mmから18mmあたりが製作されています。

金剛打ロープ.jpg

金剛打ロープ

12本で組みひも状になっています。多少撚りがありますが、扱いやすいロープです。加工はできませんし、強度は弱くなります。

 通常、2mmから12mmあたりまで製作されています。

八つ打ロープ.jpg

八つ打ロープ

クロスロープとは少し違いますが、8本でよってあります。太さとして、3mmから8mmあたりまで製作されています。

金剛打の黒色ロープ.jpg

金剛打の黒色ロープ

 舞台装飾などに使用するための、「黒」染のロープです。クレモナローフまたはビニロンロープの100%のものですので、真っ黒に染まっています。

 通常6mmから10mmぐらいが製作されています。

クレモナロープ三つ打ち 黒色

クレモナロープの3つ打ちには、黒色があります。クレモナの黒色の原糸を3本により合せたものです。強度は白色のクレモナロープと同じです。

太さとしては3mm,,4mm,5mm,6mm,8mm,9mm,10mm,12mmがあります。

​舞台装飾関係を中心として、ご使用されていますが、黒色で目立たなく、強度があって、使いやすいロープです。クレモナロープの色としては、白色と黒色の2色となります。その他の色のカラーロープはカラーロープとトラロープのページをご覧ください。

​クレモナロープは様々な用途に使用されています

クレモナのロープの強度の撚りによる違い

株式会社 土谷九兵衛商店

金沢店

〒920-0061

石川県金沢市問屋町2丁目98番地

富山店

〒930-0801

富山県富山市中島 1-4-4

Tel:076-237-5535

Fax:076-237-5537

Tel:076-441-6263 

Fax:076-442-5110

©2020 by Tsuchiya9bei